06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

とーちゃんの写真館

撮りたいものなんでも、チビども・風景・夜景・マクロ・飛行機など

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

とんぼの目 

ハイブリッド手振れ補正付き
EF100mm F2.8L マクロをGETして、
初めて撮影した写真です。

去年の秋ですが、家の近くのバラ園に撮影に行って
ゲートを入ったときに、バラにトンボがとまっていたので
最初にパシャリ!

このレンズデビュー1枚目(試写は何度もしてますが)
Dragon Fly
EF100mm F2.8L マクロ 手持ち撮影

そして、目の部分の等倍トリミング
Trim of dragonFly
ちょっとグロテスクかなぁ?

実は、マクロレンズは2本目で同じく100mmマクロKマウントも
持っていました。

EF100mm F2.8L マクロはKマウントのDFAマクロ100mmF2.8 WR
にくらべ、超音波モーターやハイブリッド手振れ補正があるので
同じ焦点距離、明るさにもかかわらず大きさが
2周り・・、いや3周りくらいは、デカイです。

それでも、手持ちで等倍撮影できるハイブリッド手振れ補正は魅力です。
+AIサーボⅡもの補助効果(前後の動きを補正)

ただし、さすがに手持ちで100%べたピンと言う訳にはいきません。
Kマウントにくらべ歩留まりはかなり高くなりましたが。

さすがに、同じ焦点距離、明るさのマクロレンズを2本を持つのは
サラリーマンのトーちゃんには贅沢すぎるので
残念ながら、Kマウントのマクロは売却してしまいました。

ただ、KマウントのDFAマクロ100mmF2.8 WRも、写りはハイブリッドマクロに
決して引けを取りませんでした。(個人的には思います)

EOS7DとPENTAX K-Xでは画素数も、センサーサイズ(同じAPS-C)の大きさも
違うので正確に比べることはできませんが。

あ、花はもしかしてバラじゃないかも。


スポンサーサイト

Posted on 2011/05/25 Wed. 01:17 [edit]

マクロ  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigdragon1027.blog55.fc2.com/tb.php/31-13f60c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。